力の入れ方

嬉野中は来月中旬

一志中や白山、久居、付属、南郊、三雲等は来月下旬が定期考査

現在の授業進度は計画より少しスローリー

定期考査まで約1ヶ月ある中

塾の授業は今こそ力をいれなければならない

そして成績を上げたい各生徒は今こそ時間をかけて勉強してもらいたい

「中学生のテスト前1週間の平均勉強時間は一日3時間、それ以外の期間は一日30分しか勉強しやんらしい。
 今、1時間半勉強したら、周りの友達の3倍の時間勉強ができるんや。差をつけるためには今が大切やよ。
 テスト前に9時間勉強するなんて大変やんな」

テストへの意識が薄い今、積極的に声をかける

帰り際、自習室の予約表を確認すると

中3生に混じって数人の中1生が予約を入れていた。

気持ちが少し伝わったのかと思う

又、中3生に期末考査に向けた学習方針を説明する。

今回の中間考査の結果を踏まえ

次の期末考査の点数次第で

4や5が狙える科目と狙えない科目を洗い出し

時間をかけて学習すべき科目に優先順位をつけていく

そして副教科についての話も…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「信じて取り組み続ける事が大切だよね」

ブログを書いていると、テレビから聞こえてきた言葉

がん患者の方の言葉

心にひっかかる

今朝見た、アインシュタインのメモのニュースと被ったからだ

落札額が注目されたメモの内一枚の内容が

「意志あるところに道が開ける」

というもの

1日に2度同じような言葉を、投げかけられた

メッセージだろうか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日は10時半から一志学園高校に訪問

昼過ぎにれいめい塾にお邪魔する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です