濃いな

10時から12時

松阪高校の説明会

石井進学塾の石井先生の隣で

説明を聞く

例年通り

松阪高校は他校と比較しても

入試に関する情報量が多い説明会

必死にメモをとる塾の先生たち

説明会終了後

石井先生が経営する

高校生専門進学塾のユニパスで先生とお話をさせて頂く

「先生が25歳に戻ったら、どんな事をしたいですか」

との僕の質問に

先生は言う

「爪痕を残す事かなあ」

生徒の学力向上につながるのかどうかを第一に考え

試行錯誤する先生の言葉

爪痕か…

その後Aコープにチラシの挨拶へ伺う

「大萱君はいつも店長がおらん時にくるって今日はなしとったんさ」

とパートの方々

今日も店長には御礼を言えず

塾に戻って

14時から

塾にて育伸社の中矢さんとミーティング

テレビ電話での1対1の英会話講座を導入するか否か

質問が多すぎて

結局1時間も時間を使っていただいた

そして17時から通常授業

中1生英語は3人称単数形

の学習

be動詞と一般動詞を見分けて、疑問文と否定文の作り分けをしながら

3人称単数形の主語かどうかを見極め、文をつくる

四苦八苦しながらなんとか
全員が3人称単数形の学習を終える

とほっとしたのもつかの間
学校では次の範囲に進んだよ

と白山中1生

その後22時から22時40分まで高3生と面接練習

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は小学校で先生をしている津高校時代の友人の伊東先生が来てくれた

おれた赤鉛筆を放置し続けた児童のエピソードを踏まえ

「小さな問題をほったらかしにすることは、他の大きな問題をそのままにする事につながる」

話をしてもらった

子供たちのために

という思いは同じながら

勉強とは違う側面で生徒を教育する学校の先生に姿勢を感じた。

新鮮だ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ホームページは更新中の為

現在は見れません

ご迷惑おかけしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です