10時~12時

夢学園の塾向け説明会に向かう

初めてお邪魔した夢学園

玄関にある多くの陶芸作品に目を奪われていると

「おはようございます」

明るい挨拶を頂く

様々な、そして国際色豊かな生徒達は顔も明るかった

校舎は想像よりもはるかに大きく

服飾や介護の学習に適する充実した設備であった。

校舎見学をしている時

ふと窓の外を見ると

グラウンド一面がテニスコートであることに気づく

ふと、自分の塾でテニスをしている生徒の顔が思い浮かぶ

「このグラウンドならあの子たち喜ぶやろうな…」

すると
夢学園の教頭先生が

「この学校にはグラウンドがないので、体育祭がなくてみんなでボーリングをするんです」

うちのテニス部の子たちはボーリングは好きなのだろうか

という思いもめぐらせてしまう

見学後

入試や

卒業後の進路についての説明をしてもらい

説明会は終了

その後
村田先生(鈴鹿・村田塾)
得能先生(小俣・得能塾)

とランチに向かう

気づけばすでに14時

急いで塾に戻り

17時~21時半  通常授業

各中学校の期末テスト範囲が確定しつつある状況で

授業を進める

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰宅後
机の上に吉田松陰のカレンダー

父の会社の旅行のお土産らしい

こんな言葉が書いてあった

「一己の労を軽んずるに非ざるよりは、いずくんぞ兆民の安きを致すを得ん」

「自分一人の労力を惜しむようでは多くの人々を幸せにできない。」

吉田松陰が松下村塾を開講した27歳の時の言葉らしい

この言葉に駆り立てられ

今からテスト対策用プリントをつくろうを思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です