恐るべきこの世界の規則性

10時~

白子フロイデ学院にて

三重県私塾の会総会

私立オープン模試の受験票を頂く

その後、形原先生と一緒に昼食を頂く

「自立させるための指導ってのは
 勿論教えすぎて、講師側が自己満足になってもだめだし
 干渉しなさすぎて、放置みたいになってもだめだし、バランスが大切だよね」

と、このころ自分が考えていた

自立させるための指導、導くための指導について

の考えをお話して頂く

その後

先生から哲学的で興味深い「シュミレーション仮説」の話をして頂く

「シュミレーション仮説」とは

私たちが生活している世界は、コンピューターで再現されているシュミレーションのようなもので、コンピュータープログラムによって
世界が操作されているという説だ

「そんなばかな」

と思う話だが

イーロンマスク等の世界の著名人もこの説を支持しており

宇宙構造の規則性や
光の速さ等が

まるで電子計算上で成り立つような正確さをもつこと等を踏まえ

科学的な信ぴょう性も高い説となっている

ttps://jamijami.org/simulation-hypothesis/

上記のページで解説がされている

わかりやすく説明できれば

生徒たちが興味を持つ話だできそうだ

そして

この説についてのディスカッションを

中1生と中2生で実施しようと思う

みんながどんな意見を持つのか楽しみだ

17時~22時で通常授業

授業後高校生から

「先生最近疲れていますね」

と声をかけられる

生徒にそうみられているとは恥ずかしく申し訳ない。

明日は10時~22時で授業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です