三重県ってどこにあるのって聞かれたら嫌じゃない?

久しぶりに一志のチラシの挨拶に行く

時間がない為急ぎ足で

お世話になっているにもかかわらず

頑張れよ

いつもありがとうという

言葉を頂く

17時~22時で通常授業

17時からは中3生日本地理の勉強

日本の工業について勉強する。

「阪神工業地帯の阪神ってどういう意味か分かる?ヒント阪神工業地帯の位置やな」

わかりませんといった様子の生徒

「阪神は
大阪の『阪』
神戸の『神』

がくっついて阪神な」

あーそういうことか

という生徒達の顔

「先生、実は俺、工業地帯以前に都道府県とか、県庁所在地もあいまいで」

と最近入塾した中3生が打ち明ける

「そうか、それなら、君だけじゃなくてみんな、一回都道府県と県庁所在地のテストするか」

と僕

「多分大丈夫ですよ」

と他の中3生

「多分じゃ、あかん。完璧に覚えよう。都道府県の位置と県庁所在地に関する問題はここ8年の三重県公立高校入試で4年くらい。
 出題されとるんやよ。第一、都道府県の場所っていうのは一般常識やで。君たち、初対面の三重県外の人と話すときに、三重県ってどこにあるの?
 とか、県庁所在地って大津なん?とか言われたら嫌じゃない?」

「確かに気分悪いな」
と生徒

「県外の人にあったときに、その人に嫌な思いさせやん為にもちゃんと覚えておこう。」

と伝える。

という事で

一部授業をすり替えて

都道府県と県庁所在地のテストを行う。

一番
多い間違いは

島根県と鳥取県の位置

また確認しよう

明日も17時~22時で通常授業

工業地帯の勉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です