本当の努力って

10時~21時
夏期講習

高3は全統記述模試の為

自習室には遅れて登場

又、中3生も高田高校のオープンキャンパスにいっており

いつもより少し寂しい教室

そんな教室にて

中1生と

鈴鹿御前と初代征夷大将軍の坂之上田村麻呂の話を交えて

鈴鹿山脈の険しさについて話す。

明日はぜんけんもし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日のこと

自宅のポストに
三重中学校・高等学校六年制広報が届く

その中に

漢和辞典編纂者の諸橋 轍次氏のエピソードが載っていた。

諸橋氏は一生を辞書編纂の為に過ごした人物だった

漢和辞典の編纂をはじめ

20年がたったころ

悲劇がおきる。

15、000ページの組み置き原版、20数万時の活字母型の全てが空襲で、全てが灰になってしまったのだ。

20年かけて取り組んだものが一瞬で全て消えた時、自分はどう感じるだろうか。

大学時代に4時間かけて、作成していたレポートが消えた事で、落ち込んだ自分は想像できない。

しかし、諸橋氏は傷つくことよりも、その日からすぐ先を見据えて動き出す。

さらにそこから15年の歳月をかけて、大漢和辞典を完成させたのだ。

日頃努力、努力と伝えている自分は

本当の努力を知っているのだろうか

と感じた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です