無駄はない

17時~21時半
通常授業

テストが残っているのは嬉野中と白山中のみ

テストが終わった生徒達は予習を進める

中1生は資料の整理を進める

定期テストの範囲には入らないところだが

高校入試には頻出の範囲だ

定期テストの範囲に入らない事から学習量が不足し、苦手とする受験生が多い

2年後に困らないように指導する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後期選抜まで

残り2週間を切った

残された時間がわずかな事から

受験生の中には『いまさらやってもできる事は限られていて無駄だ』ときめつけてしまう生徒はいると思う。

しかし僕は無駄ではないと思う

無駄だという考えでは、本番の入試まで実力が下がる事はあっても上がる事はないだろう

確かに、入試1週間前は新しい事に取り組むのはやめて、今まで学習してきた教材やプリントの復習に徹してほしいが

まだ1週間前には入ってない。

この4日間で、今まで取り組む事が出来なかった年表の暗記や、仕事の計算等

それぞれの受験生が苦手とする事を一つでもつぶす事ができる。

入試は1点や2点の差で合否が分かれる。

今までできなかった事を少しでもできるようにすれば、運命は変わる。

いまさらやっても無駄だ

と考える受験生が存在するという状況を踏まえ

そんな受験生に差をつけるよう

この数日間を懸命に効率よく過ごしてほしい。

ーーーーーー

僕はまだまだうちの生徒にしてあげられる事をするつもりだ

今日はある受験生から

世界の国々の気候、農業、工業についての区別だできないとの相談を受けた。

その生徒は最後の最後までやれる事はやろうという気概を感じさせた。

今から、受験に向けた要点を絞った世界の地理プリントを、最後まで走り抜けようとする生徒の為に、つくろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です