中3生が絶対に落とせない副教科について

最近授業の準備が忙しい

前のブログに書いたように
個人カルテの作成に時間を使い

期末テスト前の授業の為、翌日のテスト科目を考慮したり
日々の授業を受けて、その日の授業内容を組み立て直しているからだ

その為、ブログも短くなっている

さて

今日の出来事としては中3生と副教科の話をしたこと

自習室で、中3生が家庭の教科書の黒字の単語を何度もノートに書いていた事には驚いた

テスト直前の限られた時間の中、効率の悪い勉強をしていると思ったからだ

副教科は各科目学校配布のプリントから出題されている

プリントといっても内容を全部暗記すればいいのではない

副教科のほとんどのプリントは( )抜き形式のものや、穴埋め形式のプリントとなっており

その問題部分(授業で、自分で書き足したところ)から暗記すれば良い

これは

五科目と異なり学校ワークが存在しない事や
他科目に配慮している事が原因だろう

ともかく、昨日ラインをくれた生徒や、副教科について質問してくれた生徒等には説明した

明日以降も中3生には声をかけていこうと思う

又、もう一つ大切なことは情報だ

副教科は各担当先生が事前に詳しいテスト情報を話す場合が多い

その点、うちでは一志中3生が多いので情報を共有しやすいものの

久居、久居西、付属、白山中等の中3生が少ない為、情報の共有が難しい

各生徒、自主的に情報をつかむ事を祈っている

写真忘れ

明日は、朝から高田高校・中学、昼から三重高校・中学の塾対象説明会がある。

ポロシャツ控えよう

ーーーーーーーーーーーーーーー

今からちょうど9年前

音楽の先生に

僕「次の期末テスト95点以上とったら5下さい。じゃないと俺津高いけないんです」(生意気)

先生「うーん…考えとく」

音楽のテストは100点だった

そして成績は5だった(先生ありがとう)

中2の3学期は副教科の成績が全て3だったが

中3の1学期は、この手法ですべて5だった

あの感情を今の中3生に味わってほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です