小嶋先生久しぶりの登場

今日は14時まで夏期講習の準備

今年の夏期講習は年表作成から話題のリスニングまで

濃密な内容になりそう

その分提案に時間がかかります

すみません

15時~21時半まで通常授業

暗記がめっきり苦手な中1生が英単語の小テストで30問中1問ミス

もっと褒めてあげたらよかった

但し、この大事な時期に宿題を忘れたり暗記を疎かにしていた生徒がいたことが残念

来週の授業が期末前のラスト授業の為、いつになく感情的になり自宅学習が不足している生徒に長い話をした

僕「俺が宿題しろとか単語の暗記をしろとか厳しい事を言うのってなんでかわかる?」

生徒「??」

僕「じゃあ、〇〇君って人から嫌われたいって思う?どうせなら人に好かれたいよな」

生徒「うん」

僕「俺も、どうせならみんなに好かれたいんさな、みんなから嫌われる事が怖い部分があるんさ。けど勉強のこととか厳しい事とかをいうのはなんでやろ?」

生徒「……僕の成績を上げる為かな」

僕「それもあるよな。でも他にもたくさんの理由があるんさ。」
 「とにかく、中途半端に取り組むと結果もでやへんし、余計勉強が嫌いになってしまうと思う。どうせなら死ぬ気で取り組んでみたら。そうすれば結果は出る、ほんで疲れが爽やかやから」

小学生気分が抜けない中1生の目の色が少しだけ変わった気がする。

そんな話をしていた18時頃

?「失礼します」

入口に背の高い男 小嶋先生だ

彼は津高校時代の友人で三重大院工学研究科を卒業後

現在は愛知県の豊田合成で技術職として働いている。

自宅は旧津市内にも関わらず

昨年度末までうちで力を貸してくれていた先生だ

高校時代は高校から津新町駅まで自転車で僕を運んでくれた

大学時代は僕の壊れた自転車を修理してくれたり、いらない原付を買い取ってくれたりとお世話になった人物である

最近懐かしいゲストが多い

そんなゲストに高1数学指導をしてもらった

19時半の授業が始まるとともに彼は去っていった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です